1月中旬は寒い気温で各地の雪だるま・寒中のピーク時期

11月下旬や12月、経過して1月も冬は寒い予報だった、その予報がぴったりの気温は中旬の土日。
金曜日もやや寒かったけれど普通レベル、冬コートや手袋などの小物があればすごせるという一日でした。

土日は休日ですが小寒から大寒にシフト時期で、さすがに低い気温の5℃以内、それもYahoo!を見ていたら時間経過で気温が低くなっています。
昼頃に4℃だった地域の気温が夕方には1℃、全国的に寒い土日でこの時期が寒さのピークのようです。

寒中は初旬の小寒から2月の立春頃まで、この土日を通過しても大寒の頃に寒い気温とあったので、2月の中旬までは寒中の様なものだと思うことにします。
ひと冬が暖冬で経過したのはたまたまという気象の異変、今年はピンポイントの寒さありなので、用意した衣類や冬グッズが役に立つ年です。

この冬いちばんをサイトで見ると、中国地方も中部、関東も雪だるまの天気、山岳を近くに控えて都内より寒いですが1か月を待つ季節。
夕食は鍋物や具がいっぱいの味噌汁でぽかぽか、日本風ヨーグルトの甘酒も飲んでみる、寒いけれど和むのは温もりです。