コピーライターに恋い焦がれる!

広告や掲示でことごとく起こるコピー。
私は触れ込みが好物で、感動的な触れ込みを集めた書籍を書房で借りてきて読んだり、言い方の力を聞こえる書籍を読んだりするのですが、いざ言い方を取り締まる仕事「コピーライター」への心構え・憧れが生活強まってきているのを感じます。
中学校のところ、質問に答えていくと自分に当てはまる仕事が聞き取れる試作等々をやる機会があって、コピーライターというものにたどり着いたのが、最初の顔合わせだったように思います。だけどその頃はそういった仕事があることも知らなかったので、「へーそんな出勤もあるんだ」と思っただけだったんですよね。
でも、大人につながるにつれて言い方の技能って凄まじいな、とおもうことが増えてきました。
単に30秒のCMの中で使われた言い方や文字で、これ程内的がじんわりするってどんな時?
これがコピーライターの出勤です、そしてどうしてお客に売り物やことをイメージ付けていくかを考えているんだ、凄いなー!と。
でも本読みが嗜好、という時くらいしか言い方に携わって掛かる地点が私の中でなく、どうも第一歩を踏み出せない…と今までは思っていました。
あんなわたくしに機会が訪れたのです。それはショップ破産。キャリアを余儀なくされたわたくし。
こういうゼロステップをどんなに改良させるか。
憧れのコピーライターへの路地、今こそ!http://www.abateofutah.org/